コラム 記事| archinet コーポラティブハウス

2021.11.11

紅葉の季節

例年なら紅葉の季節ですが、今年は名所でもあまり映えないようです。
最近は日中に20度を超えるような暖かい日が続き、紅葉のスイッチである最低気温8℃以下にならず、湿度も40%前後と低いために、葉が色づく前に枯れてしまうとのこと。
自然教育園でも棕櫚の一群が高さ10mほどに成長し、代官山では南米のジャガランダも越年しています。台風も多く、12月でも発生しています。 このまま温帯から亜熱帯気候に変わるのでしょうか。

こんな気候で快適に暮らすならば、住まいには三面、四面に大きな開口部を設け、風の通りが良くなるように工夫したいものです。 強風に対しては鉄筋コンクリート造が望ましいでしょう。

再来週27-28日、個別セミナーを開催いたします。
これからの住まいのあり方について、ぜひ一緒に考えていければ、と思います。

11月の個別セミナー申込はこちら

募集プロジェクト一覧はこちら