コラム 記事| archinet コーポラティブハウス

2021.07.26

我慢

我慢という言葉はいまは辛抱することといった良い意味で使われています。
でも本来は仏教用で、自己中心的で所有に執着して心が驕慢であること、という意味で、我執による煩悩、七慢の一つとされています。
たしかに、お互い関わりが大事なのであって、自己中心で閉ざすのは人「間」本来ではないのかもしれません。
暮らしの空間についても変に我慢せずに、内と外との関わり、人と人との関わりが豊かに発展するものであってほしいものです。

今回、新たに募集する「上野毛テラス」、現代の町家として内と外、公と私などの関わりが本来の自分を取り戻すような計画です。
暮らしへの思い、もう我慢することはありません。
ぜひご検討下さい。

上野毛テラスはこちら