コラム 記事| archinet コーポラティブハウス

2021.07.29

個人が戦術になる

サッカーJ1の順位表では、川崎フロンターレと名古屋グランパスが1位と5位です。
両者の共通点は、風間八宏氏が前任の監督だったことです。
監督というと、チームの戦術に個人を合わせる、相手の戦術に応じてチームを調整する、といったタイプが目に付くのですが、風間氏は、ボールを持ち続けてプレーを楽しむ、個人が戦術になる、という考え方でした。
知人によると、大敗しても風間氏は全く動ぜずにその信念を貫き、選手たちも長年のうちにそのスタイルを自分のものにしていって、その後、常勝チームになったそうです。

住まいについても、既成の間取りに人を合わせるのではなく、暮らしを楽しむ、その人が空間になる、という信念を貫きたいものです。
この週末31日と来週末8日、新宿中井テラス・駒沢テラス・上野毛テラスについて建築家説明会を開催いたします。
名監督との出会いになれば、と思います。

上野毛テラスはこちら