コラム 記事| archinet コーポラティブハウス

2021.06.22

古語

現代語に埋め込まれた古語を見つけるのは面白いものです。
例えば、はじめから。はじは「はし」、異界との境界を示す古語で橋や箸の語源だそうです。同じ意味で、はなから。おそらく、ハナはハングル語の一から来ているのでしょう。同様に、のっけから。ある説によると、のけはアイヌ語の崖に由来するとのこと。多様な人々が交流する中で、お互いの言葉を取り込みながら、苦心して意思疎通した痕跡をみるようです。
このたび新たに計画した「上野毛テラス」。高台に緑が覆う立体町家として、寛ぎ、交わり、そして作業する、とさまざまな活動を心地よく支えるプランです。ちなみに上野毛は、上方ののけ、を意味するそうです。居心地の良いお暮らしを、ぜひここで始めてみましょう。

「上野毛テラス」のプロジェクト説明会を7/2(金)7/3(土)に開催いたします。zoomを利用したセミナー形式の説明会、皆様お気軽にご参加ください。予算・プランの詳細についてはご参加された方に先行してご案内いたします。

上野毛テラスはこちら