「四谷 Valley」ページメイン画像 「四ツ谷」駅徒歩7分 「市ヶ谷」駅徒歩12分

計画地は新宿区四谷坂町。
都心に位置しながら、大通りから一歩入ると低層で穏やかな下町の雰囲気を感じさせるエリアです。
中央線・丸の内線・南北線 「四ツ谷」駅 徒歩7 分、その他に「曙橋」駅 徒歩7分、「四谷三丁目」駅 徒歩12分、「市ヶ谷」駅 徒歩12分。
周辺には外堀公園(徒歩4分)、迎賓館(徒歩12分)、少し歩けば新宿御苑(徒歩23分)、皇居(徒歩24分)、明治神宮外苑(徒歩26分)。
お散歩やジョギングなどにも好適です。

会員登録して詳細情報を確認する



イベント

全プロジェクト対象 個別セミナー

個別相談のバナー

日程:1/19(土)、20(日)
時間:10:00- / 13:00- / 15:00-
場所:アーキネット代官山オフィス
住所:渋谷区鉢山町13-4ヒルサイドウエストB棟2F

*全プロジェクトから気になるプロジェクトを選んでご予約頂けます。
*はじめての方でも気軽にご参加頂けるイベントです。



更新情報

04 住戸毎の参考写真を追加しました。(2019/1/17)

03 I住戸にお申込みがありました。(2018/12/27)

02 H住戸にお申込みがありました。(2018/12/25)

01 募集を開始しました。(2018/12/21)



建築家紹介

建築家 宮晶子氏の写真

宮晶子氏

miya akiko architecture atelier

PROFILE

1986日本女子大学家政学部住居学科卒業
1986-1991レーモンド設計事務所
1991-1996アルテック建築研究所
1997STUDIO 2A設立
2000-2011横浜国立大学非常勤講師
2001-2010東海大学非常勤講師
2008-2011日本女子大学非常勤講師
2011神奈川大学、東京理科大学、芝浦工業大学非常勤講師
2012日本女子大学家政学部住居学科准教授
2018miya akiko architecture atelierに改名

AWARDS

1999「那須の山荘」栃木県マロニエ建築奨励賞
2000「那須の山荘」AMERICAN WOOD DESIGN AWARD
2001「那須の山荘」建築学会作品選集入選
2004  STUDIO 「ZEBRA chair」杉コレクション2004入選
2004「kogota seminar house」SDレビュー2004入選
2010「house I」第26回新建築賞(旧吉岡賞)
2011「house K」第22回JIA新人賞
2013「黄金町高架下新スタジオSite-B」神奈川建築コンクール優秀賞
2015「食堂の壁」Good Design賞
2017「食堂の壁のはなれ、屋根と窓のある家」木質建築空間デザインコンテスト最優秀賞

LAB.

日本女子大学 宮晶子研究室|miya akiko architecture laboratory

建築家の作品例

houseKの画像

houseK

photo Shinkenchiku | 2008 Completed

建築家コメント
横浜郊外に建つ、若い夫婦のための住宅です。
敷地は、200坪の広さがあり、ご両親が育てた豊かな緑が茂る恵まれた環境がすでにありました。その緑を漫然と眺める対象の庭としてではなく、歩くたびに、ひとつひとつの木々に新鮮な気持ちで出会いながら過ごすことができたなら、より楽しい関係になると考えました。 小さく緩やかに区切られたスペースはまた、家族の気配を感じながら、近づいたり遠ざかったり、一緒にいたり一人になったり。森のつづきにいるような、多様な関係を生みだします。ここでは、小さなたくさんの風景を選びながら、発見にみちた日常生活を送ることができます。

houseKの画像

houseKの画像

houseKの画像

houseKの画像

houseKの画像

houseKの画像

houseKの画像

houseKの画像

houseIの画像

houseI

photo Jin Hosoya | 2009 Completed

建築家コメント
神奈川県の大磯町に50代の夫婦のために設計した住宅です。
辺りは畑の広がるのどかな場所でしたが、徐々に市街化も進んでいました。そこで、庭と家、外と内がいりまじったような、周囲に対して守られながら開くことができる、外郭の曖昧な住宅を提案しました。
平面的にL型の壁は、完全に部屋として閉じることがなく、気配を伝え、多様な「隅」をつくり、ゆるやかに内外を隔てつなげていきます。外部にあるL型の壁は北風をふせぎながら南の光を受け止め、冬には日溜まりの小さな庭をいくつもつくりだします。

houseIの画像

houseIの画像

houseIの画像

houseIの画像

houseIの画像

houseIの画像

houseIの画像

houseIの画像

houseIの画像

houseIの画像

roofs and windows near wall behaviorの画像

食堂の壁のはなれ、屋根と窓のある家
roofs and windows near wall behavior

photo Shinkenchiku | 2016 Completed

建築家コメント
「食堂の壁」のはなれに建てた、オーナーシェフの息子さんのための住宅です。
小さな家を4つに分けて、半地下をつくることで屋根の一番低いところを人の背丈よりも低く。屋根は対角に流し、食堂側に向けて、キュビズムの絵のように遠近感を圧縮して家を背景に退かせ。窓は小窓によく用いられる突き出しの形を、小さな家の割に大きなサイズで。すべて同じものを用いながら、地面が全面に見下ろせたり、目線近くに来たり、空だけが見通せたり、身体との関係性で異なる大きさの存在に。
無意識への働きかけ、見慣れたもののいつもとは異なる経験の重なりは、室外からも室内からも、いままでの風景とはすこし違うものになっていきました。

roofs and windows near wall behaviorの画像

roofs and windows near wall behaviorの画像

roofs and windows near wall behaviorの画像

roofs and windows near wall behaviorの画像

roofs and windows near wall behaviorの画像

roofs and windows near wall behaviorの画像

roofs and windows near wall behaviorの画像

roofs and windows near wall behaviorの画像



□計画地概要

所在地新宿区四谷坂町
交通中央線、丸の内線、南北線「四ツ谷」駅徒歩7 分
都営新宿線「曙橋」駅徒歩7 分
丸の内線「四谷三丁目」駅徒歩12 分
中央・総武線各駅、有楽町線、南北線、新宿線「市ヶ谷」駅徒歩12 分
土地面積282.9u (85.58坪)
用途地域第一種中高層住居専用地域
建蔽率60%
容積率300%
高度地区20m第2種高度地区
日影規制3時間- 2時間/測定面4.0m
地 目宅地
現 況 コインパーキング・更地(詳細な住所については来場者のみにご案内します) 
土地権利所有権

□建築計画概要(予定)

総戸数未定
構造規模鉄筋コンクリート造/地下1階、地上4階建
駐車場無し
専有面積30u台〜
想定予算4000万円台後半〜
設計監理miya akiko architecture atelier
権利形態敷地:区分所有者全員の持分割合による所有者の共有
建物:専有部分は区分所有権、共用部分は区分所有者全員の持分割合による所有権の共有
管理形態区分所有者全員で管理組合を設立し管理会社へ管理委託



お問い合わせ

四谷 Valleyの建築計画や事業計画、コーポラティブハウス事業の仕組み、事業参加申込などについて、個別相談会をアーキネットにて随時開催しております。
なお、プロジェクトへのご参加は先着順にて受付しております。

四谷 Valleyに関するお問合せは までお願いいたします。

その他、アーキネットやコーポラティブハウスに関するお問合せは までお願いいたします。




  • Instagram

Copyright ©1995- archinet,Inc. All Rights Reserved.