計画地は世田谷区野沢3丁目。
武蔵野台地の高台の上にある第一種低層住居専用地域に位置します。
そんな環境のいい住宅街の一角に「緑の丘」のような住まいを提案します。
都心の便利な立地でありながら、都市の喧騒を忘れさせるガーデンリビングの暮らしです。




更新情報

*最新情報
B住戸にお申込みをいただきました。


*募集住戸
全住戸にお申込みいただきました。


*組合設立
2018年2月12日に設立総会を開催し、事業を開始しました。
2019年年末〜2020年1月末ごろの竣工を予定しております。



コンセプト

緑豊かな住環境
細長いアプローチを抜けると、奥の広がった場所に緑豊かな丘が現れます。
都心とは思えない豊かな緑の環境は、旗竿敷地ならではの静かで落ち着いた空間です。
自分たちの家には丘を登りながら入っていきます。
前庭のような空間を通りながら、緑の息吹や季節の移り変わりを感じます。

緑と共に暮らす
いつも生活のそばに緑があり、自然の恵みを感じながら、水やりをしたり、緑のメンテナンスをしたりすることで、季節の小さな変化に気付くことのできる、シンプルで丁寧な暮らし。
緑豊かな環境で、疲れがちな都市生活の喧騒から逃れ、リラックスして自然体の生活を。

life with green...




計画地の特徴

「ミドリノオカ学芸大学」は東横線と田園都市線の間の緑豊かでゆったりした街並みを形成する、第一種低層住居専用地域に位置します。
駅前の賑やかな環境とは異なる公園や緑道などの緑がとても多い閑静なエリアです。
また、計画地のすぐそばにサミットや薬局、ビストロ、郵便局、パン屋さんもそろっており生活するのにも便利なエリアとなっています。
駒沢オリンピック公園へも計画地から徒歩15分。
そのほか世田谷公園、碑文谷公園などの大きな公園も近く、気分に合わせて公園を選べます。



建築家

末光弘和+末光陽子 / 株式会社SUEP
Hirokazu Suemitsu + Yoko Suemitsu .

SUEP.
2003年に設立した建築家ユニット、末光弘和と末光陽子が主宰し、住宅や公共建築を中心に国内外で設計活動している。自然との共生をテーマに掲げ、風や熱などの環境シミュレーション技術を駆使し、環境やエネルギーの問題をデザインと共に解決する。代表作品は、地中の棲処、九州芸文館アネックス1、嬉野市立塩田中学校等。2009年東京建築士会住宅建築賞(kokage)。2011年第27回吉岡賞(地中の棲処)。2015年JIA環境建築賞(木籠のオフィス)他受賞多数。

末光弘和
1976年愛媛県松山市生まれ。1999年東京大学工学部建築学科卒業。2001年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。2001-06年伊東豊雄建築設計事務所勤務。ヨーロッパ、シンガポール等の海外プロジェクトを担当。2007年に末光陽子とともにSUEP.設立し、現在、株式会社SUEP.代表取締役。横浜国立大学、東京理科大学大学院非常勤講師。

末光陽子
1974年福岡県生まれ/1997年広島大学工学部第四類(建設系)卒業。1997~2003年佐藤総合計画。2003年~SUEP.2012年~2014年 武蔵野大学非常勤講師。現在、株式会社SUEP.代表取締役。

受賞歴
第27回 吉岡賞
2015年度日本建築家協会環境建築賞優秀賞
平成21年東京建築士会住宅建築賞
住まいの環境デザイン・アワード2013グランプリ
建築設備綜合協会 第8回環境・設備デザイン賞 最優秀賞
パッシブデザイン協議会パッシブデザインコンペ2014優秀賞
他多数




プロジェクト概要

□計画地概要

所在地東京都世田谷区野沢3丁目
交通東急東横線「学芸大学」駅
用途地域第一種低層住居専用地域
建ぺい率50%
容積率150%
地目宅地
土地権利所有権

□建築計画概要(予定)

総戸数10戸
構造RC造
規模地下1階地上3階建て
駐車場無し


お問い合わせ

ミドリノオカ学芸大学に関するお問合せは までお願いいたします。

その他、アーキネットやコーポラティブハウスに関するお問合せは までお願いいたします。




  • Instagram

Copyright ©1995- archinet,Inc. All Rights Reserved.