こころをかたちに vol.4

「こんな暮らしをしたい」という思いは、どのようにインフィルに反映されるのでしょうか?
そんな様子を、あるコーポラティブハウスにお住まいの皆さんから、実際の空間に照らし合わせながら語っていただきました。
皆さんの住まいづくりのご参考になれば幸いです。

シンプルなハコ


  • 道路側に大きな開口。隣地の緑の方には大きさを絞った開口。切り取られた緑が室内に映える。


  • 勉強も食事も一緒にすます2mのテーブル。キッチンとの距離感も近い。


  • 家具や壁掛けのインテリアで色味をつける。内装の仕上げはベーシックに。


  • 気に入った東洋キッチンを参考に、建築家にオーダーメイド。食洗機や冷蔵庫に寸法がぴったり。


  • 田の字で眠れるベッド。ハイサイドライトからそそぐ光がやさしい。


  • 玄関に網戸を設置。1階から2階へ風が抜ける。ピーコンを使った収納で収納量は豊富。

きっかけ

Q:住まいさがしのきっかけは?

A:結婚、長男が出来たのがはじまり。三田の魚籃坂近くに住んでいたが、ずっと住み続けるのはないかな、でも保育などを考えるとあんまり引越しもできない、ちょっと家でも見てみようというのがきっかけだった。

Q:コーポラティブハウスにされたのは?

A:(アーキネットのコーポラティブハウスにお住まいの)会社の先輩の自宅もお邪魔したことがあった。四谷の内覧会も参加した。大崎の分譲マンションや武蔵小山の戸建分譲なども見に行ったが、しっくりこなかった。「自転車を共用部に持ち込んでいいんですか?」「それはちょっと…」といった具合で、暮らしのフレキシビリティがなかった。戸建分譲は、代替わりで三区画に分割した土地に、一階駐車場、二階リビング、三階寝室というありきたりのプランで仕様もこだわりというにはほど遠い。違うな、と思っているときに、(御留山の担当プロデューサーから案内があり)「ご縁だ」と思った。たまたま一戸、Aが空いていた。自分のイニシャルでもあり気に入った。

Q:目白という場所については?

A:共働きで、(東武線・西武線沿線の)双方の両親のサポートを受けられやすい場所で良かった。都心の便利さもありながら、緑も多い。高田馬場の騒がしいところ、目白の閑静なところ、のちょうど間で、土地の多様性が子供にもいいと思った。

Q:この場所の第一印象は?

A:最初に訪れたのはおとめ山の桜が満開の春。素人なので計画地だけでは何にも見えていなかった。建築家やプロデューサーから説明を受けたり、模型を見せてもらったりして、何となくこんな風に行けるなと、背中を押してもらった感じ。

プラン

Q:お暮しになってイメージ通りですか?

A:最初のイメージと住んでからのイメージはずれていない。南向きの窓はないが、昼は十分な光が入る。夏はカーテンもなく開けっ放しで過ごしている。 (施工の)リードタイムが長いのはいいこともあって、キッチンのレイアウト変更も間に合った。躯体の仕切りの位置もちょっと変えてもらった。フレキシブルなだけに何かしら後悔することはある。でも分譲マンションなら寸法・仕様は決まっていて、後悔もなにもないよりは全然いい。

Q:当初の想定と変わったことは?

A:途中で長男がうまれ、入居後に二人目ができて、と生活は変わった。モノの増え方が半端ない。子どもの行動をみて対策もして、階段にベビーガードもつけたりしている。住み始めて微調整できる。子供は二人までは想定していた。それで(一階の)真ん中の部屋の仕切りを可動式にした。

コンセプト


壁掛けのインテリア。すっきり見せるため、ピーコンとコンクリートの目地に合わせて配置。

Q:住まいづくりの基本を教えていただけますか?

A:起きているときは皆、ここ(LDK)に居る。LDKは感覚的に広く。募集時のプランと2階の考え方は合っていた。子どもが大きくなってもここで一緒、勉強などもこの2mのテーブルで一緒に見てあげられる。シンプルな5m×9mのハコを見せたいということで、階段の位置は南側に寄せた。 一階はファンクショナルに、土間、寝室、水廻りをつくった。 内装や建具については、色はできるだけつけないように。色は家具やインテリアなど、住んだ後で自分でつける。仕上げはベーシックに、でもシンプルにするために手が込んでいる。RC打ち放しだし、2階は幅広の長いフローリング材、180o×1,800o、トップ4oの厚み、色むらもある。

LDK


LDKはみんなの居場所。子供が所狭しと遊べるように。

Q:みんなで集まる場所ですね。

A:2階で生活しているが、それぞれの場所は適当だ。食事はここ、子どもは向こう、仕事はその辺、デザートはテレビの前、といった感じ。最初はL字のソファにコーヒーテーブル、とイメージしていがしばらくはこのままでいいと思っている。テレビの前にはプラレールが広がったりもする。

Q:すっきりと見えるのは?

A: 巾木は省いた。スイッチパネルはまとめて、きちんとレイアウトした。工事の人は大変だったと思う。46インチのテレビは壁付けにした。横から斜めにみても問題ないし、納まりも薄くなる。最初から配線を埋め込めるので、壁まわりがすっきりできた。

寝室

Q:広くて明るいですね。

A:無印のクイーンサイズとシングルとをくっつけた。これだけの広さの部屋はよそではあまりない。川の字というより田の字で寝ている。クローゼットは金具がないように、と考えていたら、川辺さんが穴あけでつくってくれた。高窓があるが、前の通りにミニバイクが走って時々排気ガスが入ってくるのが残念。

キッチン

Q:どんな工夫がありますか?

A:使い勝手を想定しながら作ってもらった。トーヨーキッチンのモデルが気に入ったが、奥行きが750oもあってリビングの寸法が詰まる。それで650oのキッチンを(建築家に)つくってもらった。段になっていて水切り網を載せられ、さらに一段下げてまな板もビルトイン、シンクも1m以上と気に入った仕様は、ショウルームで採寸して図面におこしてもらった。

Q:収納も工夫は?

A:欧米標準サイズの食洗機(ミーレ)がぴったり収まり、壁も収納、出し入れ式の棚の上に炊飯器、電子レンジ、大きなゴミ箱もこれが入るようにつくった。大きめの何でもスペースをとり、いまはジャガイモなどを保管している。全体に冷蔵庫の高さに合わせた。

階段・水廻り

Q:階段も気持ちよさそうです。

A:最初はすべり止めがあったが、マンションっぽかったのでとってなめらかにしてもらった。

Q:水廻りも機能的ですね。

A:洗濯乾燥機の上にステンレスのバー、脇に折り畳み式の棒をつけて、一時置き場にしている。特許出願中(笑)。水栓金具は手触りを考えて、出来るだけ円筒でシンプルなものを選んだ。シャワーヘッドはハンスグローエ。洗面所はボーラの混合栓で、止水栓レバーを見せないように天板裏の引出しの奥につけた。全体(タイル、浴槽、収納、洗面台)は白やグレー系でベーシックだけど品質の高いものを選んでいる。

玄関


玄関脇は、自転車や様々なものを壁掛けで収納。

Q:よく使うものがきちんと整理されています。

A:ピーコンの穴は全部ふさがずに、市販のステンレス削りだしフックをつけて壁付に。スーツ、コート、保育園のバッグなどをかけている。シューズボックスは大きなハコにして割は調整できるようにして、郵便受けと一体にしている。中にはポールを渡してもらって、傘を並べてかけている。

Q:風も通りますね。

A:玄関に網戸をつけたのは正解。(中庭に向けて)開けっ放しにすると風が通る。南の階段から上にもっと抜けて欲しかったが、2階の窓の壁側をFIXにしたのが失敗だったかな。

Q:最後に一言

A:家をつくるのは楽しい。もう一回やってみたい。


rss
コーポラティブ方式に関する注意事項
企業行動方針
行動規範
プライバシーポリシー
このサイトについて
反社会的勢力による被害防止のための基本方針
コーポラティブ方式は、分譲マンションの購入とは異なり、入居希望者の皆様が組合(パートナーシップ)を結成して、共同して事業計画を定め、土地の取得、建物の設計、工事の発注等を直接に行い住宅を取得するものです。アーキネットは、各案件について一つの基本計画案とご予算等をご提示しておりますが、計画全般の最終的な決定権は組合員(パートナー)となる皆様にございます。
archinet cooperative style